SQL

演算子

【SQL】 EXISTS演算子の使い方(結果が存在するか求める)

EXISTS演算子は、副問い合わせから返された結果セットが存在するかどうかを確認します。存在する場合には真を返します。
演算子

【SQL】 SOME演算子の使い方(いずれかの条件を満たすものを求める)

SOME演算子は、副問合せから返された結果セットの値のいずれかの条件を満たすものを求めます。SOME演算子は、比較演算子に従って、それぞれの値を式の値と比較し、いずれかの値が条件を満たすと真を返します。真を返された値は、外部の問合せに渡され、外部の問合せで評価をされた後に結果として返されます。
演算子

【SQL】 ANY演算子の使い方(いずれかの条件を満たすものを求める)

ALL演算子は、副問合せから返された結果セットの値のいずれかの条件を満たすものを求めます。ANY演算子は、比較演算子に従って、それぞれの値を式の値と比較し、いずれかの値が条件を満たすと真を返します。真を返された値は、外部の問合せに渡され、外部の問合せで評価をされた後に結果として返されます。
SQLリファレンス

【SQL】 DELETE(データを削除する)の使い方

DELETE文は、表からデータを削除するときに使います。DELETE文はWHERE句により指定した条件に合致した行を表から削除します。WHERE句で条件を指定しない場合には、表のすべてのデータを削除することになります。また、すべてのデータを削除するときは、TRUNCATE TBLE を使います。
SQLリファレンス

【SQL】 UPDATE(データを更新する)の使い方

UPDATE文は、表内のデータを更新するときに使います。UPDATEキーワードの後ろに更新対象の表名を記述し、SETキーワードの後ろにデータを更新する列名と更新する値を指定します。指定は「,」(カンマ)で区切ることで、複数の列の値を更新することが可能です。
SQLリファレンス

【SQL】 INSERT(データを挿入する)の使い方

表にデータを挿入するのが、INSERT文です。列と値を指定して挿入するときには、列と値の個数、対応する列と値のデータ型が一致している必要があります。列に空の値をいれたいときには「NULL」と記述します。INSERT文の2つの書式について、活用時の注意事項とともに詳しく解説しています。
SQLリファレンス

【SQL】 ORDER BY句の使い方(結果の並び順を指定する)

ORDER BY句は、指定した列の値により、問合せ結果を並び替えるものです。並べ替えのことをソート(SORT)と呼びます。問合せにおいて、一定の並べ方のデータが必要な場合には、ORDER BY句で結果の並べ方を指定します。
SQLリファレンス

【SQL】 GROUP BY句の使い方(グループ化する)

GROUP BY句は、GROUP BYキーワードの後ろに指定した列の値により表内のデータをいくつかのグループに分けます。グループは、指定した列の値が同じものを1つのグループとします。分割されたグループそれぞれに対して集計を行うことができます。また、ROLLUPを使うことで、集計行を追加できます。
SQLリファレンス

【SQL】 WHERE句の使い方(条件を指定する)

データに対して操作を行う際に、表中のすべてのデータではなく、条件に合致したものだけを操作したい場合があります。このようなときに使うのがWHERE句です。WHEREキーワード後ろには、検索条件を指定します。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるページです。
文字列関数

【SQL Server】 STUFF関数の使い方(文字列を入れ替える)

STUFF関数は、第1引数で指定する文字列の一部を、他の文字列に置き換える関数です。引数が多いため、使用例でわかりやすく解説しています。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
Recommended Articles
タイトルとURLをコピーしました