【SQL】 TRIM関数の使い方(指定する文字を削除する)

文字列関数
文字列関数
この記事は約3分で読めます。

TRIM関数は、以下で使用できます。
 ORACLE MS-Access MySQL

TRIM関数 : 書式

書式 
 TRIM([LEADING|TRAILING|BOTH] char FROM strings)
 TRIM([LEADING|TRAILING|BOTH] strings)
引数 
 char : 削除する文字
 strings : 文字列
戻値 
 空白が取り除かれた文字列

TRIM関数 : 解説

TRIM関数は、指定した文字を文字列の右側、左側、または両側から削除する関数です。引数「strings」で指定した文字列から、引数「char」で指定した文字を削除します。指定した文字が文字列の中に複数存在する場合には、すべて削除します。ただし、削除する文字は1文字しか指定できません

削除するときには、左側、右側から指定した文字を削除していきますが、他の文字になったところで処理を終了します。

文字の左右、両側といった、どちらから削除するかを指定するのが、LEADING、TRAILING、BOTHのキーワードです。

  • LEADING:左側
  • TRAILING:右側
  • BOTH:両側

このキーワードを指定しない場合には、BOTHがデフォルトで指定されるため、文字列の両側から文字を削除することになります。

TRIM関数 : 使用例 (左側から削除)

SQL文 
SELECT 文字列, TRIM(LEADING 'a' FROM 文字列) FROM trim_db;
実行結果
文字列TRIM(LEADING 'a' FROM 文字列)
aabaabaa

TRIM関数 : 使用例 (右側から削除)

SQL文SELECT 文字列, TRIM(LEADING 'a' FROM 文字列) FROM trim_db;
実行結果
文字列TRIM(TRAILING 'a' FROM 文字列)
aabaaaab

また、削除する文字の指定を省略することもできます。この場合には半角スペースを削除することになります。このときには、FROMキーワードを使わず、TRIM関数に半角スペースを削除する文字列を指定するだけです。

半角スペースを削除するのは、LEADINGキーワードを指定するとLTRIM関数、TRAILINGを指定するとRTRIM関数と同じ処理になります。
【SQL】 LTRIM関数の使い方(左側の空白を削除する)
LTRIM関数は、文字列の左側の空白文字を削除する関数です。空白文字が連続していればすべてが削除されます。文字列の途中などに入っている空白文字や文字列の右側にある空白は削除されません。また、削除されるのは半角スペースだけで、全角スペースは削除されません。
【SQL】 RTRIM関数の使い方(右側の空白を削除する)
RTRIM関数は、文字列の右側の空白文字を削除する関数です。空白文字が連続していればすべてが削除されます。文字列の途中などに入っている空白文字や文字列の左側にある空白は削除されません。また、削除されるのは半角スペースだけで、全角スペースは削除されません。

TRIM関数 : 使用例 (半角スペースを削除)

SQL文 SELECT 文字列, TRIM(文字列) FROM trim_db;
実行結果
文字列TRIM(文字列)
_abcdefg_abcdefg
_abc_def_abc_def

注:_は半角スペースを表す

削除は日本語であっても問題なく処理することができます。

TRIM関数 : 使用例

SQL文 SELECT 文字列, TRIM('あ' FROM 文字列) FROM trim_db;
実行結果
文字列TRIM(文字列)
あいうえおいうえお
なおAccessでは削除する文字列を指定できません。そのため半角スペースの削除にしか使うことができません。
Recommended Articles
いちれべ.com
タイトルとURLをコピーしました