【SQL Server】 %演算子の使い方(剰余を求める)

アイキャッチ画像演算子
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL Server】 %演算子の使い方(剰余を求める)

%演算子 MS-SQL Server  に対応しています。

%演算子 : 書式

<数値式> % <数値式>

%演算子 : 解説

%演算子は、割り算の剰余を求める演算子です。左辺の値を右辺の値で割り算したときの余りが剰余となります。%演算子は、データ型が数値同士のときに利用可能です。

%演算子の使用例

次の例では、「a」列の値を10で割ったときの余りを求めています。

SQL文 SELECT a, a % 10 剰余 FROM materials;

実行結果

a剰余
300
155
244
122
割る値を「0」にすると「0割エラー」が発生します。剰余は割り算の演算の結果求めれる余りを返しているため、/演算子の割り算と同様に、割る数を0にするとエラーとなってしまいます

Oracleで剰余を求めるには、MOD関数を使います。

【SQL・ORACLE】 MOD関数の使い方(剰余の余りを求める)
MOD関数は、剰余(割り算をした結果の余り)を求める関数です。MS-SQLには同じ処理ができる関数はありません。そのため、%演算子を使って、同様の処理を行うようにします。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。

関連リンク

一覧ページ
SQLリファレンス > 演算子
演算子によって列に対する様々な演算が行えます。このページは、使用できる演算子の一覧表です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL Server、MS-Access で使用可能か一目でわかるのが特徴のSEサポートサイトです。
SQLリファレンス > 関数
ORACLE、MS-SQL Server、MS-Access、MySQLで使用する関数の一覧表です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL Server、MS-Access で使用可能か一目でわかるのが特徴のSEサポートサイトです。

 

タイトルとURLをコピーしました