oracle

算術関数

【SQL・ORACLE】 LN関数の使い方(自然対数を求める)

LOG関数は、対数を求める関数です。ORACLEとSQL-Serverでは実装が異なりますので、それぞれ解説します。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
演算子

【SQL・ORACLE】 INTERSECT演算子の使い方(積集合を求める)

INTERSECT演算子は、集合演算の積を求める演算子です。複数のSELECT文による問合せ結果の共通部分を取り出す演算を行うことができます。記述としては、複数のSELECT文をINTERSECTでつなぐだけです。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
集計関数

【SQL】 GROUPING関数の使い方(集計行か調べる)

GROUPING関数は、集計行かどうか確認する関数です。GROUP BY句でROLLUPなどを用いて集計を行った場合には、集計行が付加されます。この付加された行を確認するのにGROUPING関数を使います。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
ETC

【オラクル】 STOP DBORA のまま固まって動かないときの対処方法

原因不明により正常にシャットダウンできなくなったオラクルサーバーの対応方法をメモしました。この方法が一般的ではないと思いますが、このやり方で正常にリブートできました。
演算子

【SQL】 ALL演算子の使い方(すべての条件を満たすものを求める)

ALL演算子は、副問合せから返された結果セットの、すべての条件を満たすものを求めます。ALL演算子は、比較演算子に従ってそれぞれの値を式の値と比較し、すべての値に対して条件を満たすと真を返します。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
演算子

【SQL】 OR演算子の使い方(論理和を求める)

OR演算子は、左辺と右辺の条件式の論理和を求めます。左辺と右辺の条件式の両方、もしくはどちらかが真であれば真を返します。両方偽のときだけ偽を返します。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
演算子

【SQL】 NOT演算子の使い方(否定)

NOT演算子は、右辺の式の値が真であった場合に偽を、偽であった場合には真を返す演算子です。簡単に言うと、後に続く式の結果を否定したものを返します。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
演算子

【SQL】 BETWEEN演算子の使い方(範囲に収まっているか調べる)

BETWEEN演算子は、数値がある範囲に収まっているかどうかを調べます。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
演算子

【SQL】 AND演算子の使い方(論理積を求める)

AND演算子は、左辺と右辺の条件式の論理積を求めます。簡単に言えば、左辺と右辺の条件式がともに真の場合に真を返し、どちらかが偽なら偽を返します。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
演算子

【SQL】 IN演算子の使い方(一致する値があるか調べる)

IN演算子は、指定された値が副問合せ、またはリスト内の値と一致するかどうかを判断します。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
Recommended Articles
タイトルとURLをコピーしました