【SQL】変換関数

SQLリファレンス > 関数 > 変換関数

関数対象説明
CASTORACLE MS-SQLデータ型を変換する
CONVERTMS-SQLデータ型を変換する
DECODEORACLE値を変換する
ISNULLMS-SQL MSAccessNULL値を変換する
NVLORACLENULL値を変換する
TO_CHARORACLE値を文字列型に変換する
TO_DATEORACLE値を日付型に変換する
TO_NUMBERORACLE値を数値型に変換する

 

変換関数

【SQL・ORACLE】 TO_NUMBER関数(数値型に変換する)の使い方

TO_NUMBER関数は、文字列型の値を数値型に変換する関数です。数字で構成された文字列を数値型に変換することができます。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
変換関数

【SQL・ORACLE】 TO_DATE関数(日付型に変換する)の使い方

TO_DATE関数は、数値型、文字列型のデータを日付型に変換する関数です。さらに日付をどのように表記するかという書式を指定することができます。指定できる書式は、一覧表を参照して下さい。この指定できる書式は、TO_CHAR関数と同じ表となります。
変換関数

【SQL・ORACLE】 TO_CHAR関数の使い方(文字型に変換する)

TO_CHAR関数は、数値型、日付型のデータを文字列型に変換する関数です。日付型から変換するときは、書式をを指定することができます。いちれべ.comでは、基本的な使用方法はもちろん、具体的な使用例でも解説しています。
変換関数

【SQL Server】 CONVERT関数の使い方(データ型の変換を行う)

CONVERT関数は、データ型の変換を行う関数です。この関数では、第2引数で指定したデータを第1引数で指定したデータ型に変換します。変換できるデータ型はSQL Serverが扱えるデータ型になります。またCONVERT関数では第3引数により日付型を変換するときに書式を与えることができます。
変換関数

【SQL】 CAST関数の使い方(データ型の変換を行う)

CAST関数は、データ型の変換を行う関数です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
変換関数

【SQL】 ISNULL関数の使い方(NULL値を変換する)

ISNULL関数は、データ内に入っているNULLを他の値に変換する関数です。NULLが入っていると処理に問題があるときに、他の値に置き換える時などに使います。MS-SQL Server・MS-Accessで使用できます。ISNULL関数は、Oracle では扱えません。
変換関数

【SQL・ORACLE】 NVL関数の使い方(NULLを変換する)

NVL関数は、NULL値を他の値に変換する関数です。オラクルで使用できます。NULLが入っていると処理に問題があるときに、他の値に置き換えるときに使います。MS-SQL・MS-Accessでは、ISNULL関数で同様の処理を実現できます。
変換関数

【SQL・ORACLE】 DECODE関数の使い方(値を変換する)

DECODE関数は、オラクルで値を変換する関数です。DECODE関数の特徴として、条件に比較演算子や式を使うことが出来ません。このページでは、具体的な使用例を使い解説しています。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
スポンサーリンク
↓ Twitterフォロー ↓ YouTubeチャンネル登録、よろしくお願いします!
タイトルとURLをコピーしました