【SQL・ORACLE】 TO_NUMBER関数(数値型に変換する)の使い方

変換関数
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL・ORACLE】 TO_NUMBER関数(数値型に変換する)の使い方

TO_NUMBER関数は ORACLE に対応しています。

TO_NUMBER関数 : 書式

書式 TO_NUMBER(expression)
引数 expression:変換する値
戻値 変換された値

TO_NUMBER関数 : 解説

TO_NUMBER関数は、文字列型の値を数値型に変換する関数です。数字で構成された文字列を数値型に変換することができます。指定する文字列の値が数字以外の場合は、エラーが返されます。

TO_NUMBER関数 : 使用例 (文字列型から数値型に変換)

SQL文 ORACLE
SELECT '777' 文字, TO_NUMBER('777') 数値 FROM DUAL;
実行結果
文字数字
777777

関連リンク

関数一覧ページ
SQLリファレンス > 関数
ORACLE、MS-SQL Server、MS-Access、MySQLで使用する関数の一覧表です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL Server、MS-Access で使用可能か一目でわかるのが特徴のSEサポートサイトです。
タイトルとURLをコピーしました