PHPの基礎概要、関数リファレンス

PHP

【PHP・配列関数】配列に値やインデックスが存在するか調べる

in_array関数(配列に値が存在するか調べる)/array_search関数(配列から指定値を検索する)の使い方について、書式や使用例と共にわかりやすく説明しています。
PHP

【PHP】配列を作成する・配列の値を取得する・配列の数を数える

array/array_combine関数(配列を作成する)array_values関数(配列の値を取得する)/array_count_values関数(配列の数を数える)について、使用例とともにわかりやすく説明しています。
PHP

【PHP】指定したフォーマットに変換した日付を取得する関数

DATE_FORMAT関数/STRFTIME関数は、両方とも指定したフォーマットに変換した日付を取得する関数です。DATE_FORMAT関数は、DATE関数と同じように、日付や時刻を出力したい場合に使うことができます。STRFTIME関数は、ロケール設定に基づき日付や時刻をを指定したフォーマットに変換します。
PHP

【PHP】日付・時刻(タイムスタンプ)を取得する関数の使い方

昨日・今日・明日の日付、先月末日の取得方法など、実践でよく使う日付の関数を具体例で説明しています。タイムスタンプを取得する関数(TIME関数・MICROTIME関数・MKTIME関数・STRTOTIME関数・GETDATE関数)を解説しています。
PHP

【PHP】 CHECKDATE関数の使い方(日付が正しいか調べる)

CHECKDATE関数は正しい日付か調べた結果を返します。指定した日付が正しく、実在する日付であればTrueを返すことを活かして、日付の整合性チェックや閏年であるか調べることができます。STRPTIME関数との違いについても解説します。
PHP

【PHP・日付関数】 DATE関数の使い方(日時を変換する)

DATE関数は日付時刻をフォーマット変換します。2番目の引数は、任意の日付時刻を指定できます。指定を省略すると現在の日付時刻が処理対象になります。変換の書式、変換可能なフォーマット文字の種類、それらの使用例と共にわかりやすく解説しています。
PHP

【PHP】 PHPにおける三角関数の使い方(SIN・COS・TANなど)

sin関数(正弦値を求める)/cos関数(余弦値を求める)/tan関数(正接値を求める)について、具体的な使用例と共に説明します。また出現頻度の少ない逆三角関数についても紹介しています。
PHP

【PHP】max/min関数の使い方(最大値・最小値を求める)

max関数(最大値を求める)/min関数(最小値を求める)について、具体的な使用例と共に説明します。比較する数値は配列で指定することもできます。その場合は配列内で最大・最小の数値が返されます。
PHP

【PHP・数値関数】平方根・累乗・対数を求める関数の使い方

sqrt関数(平方根を求める)/pow関数(累乗を求める)/log関数(自然対数を求める)/log10関数(底が10の対数を求める)について、具体的な使用例と共に説明します。数値にマイナスの値を指定すると特別な値「NAN」を取得すること、PHPのバージョンの違いによる戻り値の違い、等の注意事項も併せて解説しています。
PHP

【PHP】数値をランダムに取得する関数の使い方

rand関数・mt_rand関数は共にランダムな数値を生成します。mt_rand関数(php3.0.6~)は、この関数の改良版で、精度などが改善されています。乱数の最大値を取得するには、getrandmax関数・mt_geturandmax関数を使用します。
スポンサーリンク
↓ Twitterフォロー ↓ YouTubeチャンネル登録、よろしくお願いします!
タイトルとURLをコピーしました