【PHP・日付関数】 DATE関数の使い方(日時を変換する)

アイキャッチ画像PHP_DATEPHP
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

【PHP・日付関数】 DATE関数の使い方(日時を変換する)

php3~ で使用できます。

DATE関数 : 書式

DATE ( フォーマット文字列 [, タイムスタンプ])

戻り値:変換された日時

 DATE関数は日時をフォーマット変換します。2番目の引数を省略すると現在の日時が処理対象になります。
以下の文字が フォーマット文字列として認識されます
フォーマット文字説明戻り値の例
a午前または午後(小文字)am または pm
A午前または午後(大文字)AM または PM
BSwatchインターネット時間000から999
CISO8601日付(PHP5で追加)2020-08-23T10:10:00+09:00
d日(2桁)01 から 31
D曜日名(3文字)Mon から Sun
eタイムゾーン識別子(PHP 5.1.0 で追加)例: UTC, GMT, Asia/Tokyo
f月名(フルスペル)January から December
g時(12時間単位、先頭にゼロを付けない)1 から 12
G時(24時間単位、先頭にゼロを付けない)0 から 23
h時(12時間単位、先頭にゼロを付ける)01 から 12
H時(24時間単位、先頭にゼロを付ける)00 から 23
i分(先頭にゼロを付ける)00 から 59
Iサマータイムかどうか0 または 1(1:サマータイム)
j日(先頭にゼロを付けない)1 から 31
l曜日名(フルスペル形式)Sunday から Saturday
L閏年かどうか0 または 1(1:閏年)
m月(先頭にゼロを付ける)01 から 12
M月名(3文字)Jan から Dec
n月(先頭にゼロを付けない)1 から 12
NISO8601形式の曜日(数値)1:月曜 から 7:日曜
oISO8601形式の年(PHP 5.1.0 で追加)例:1999, 2003
Oグリニッジ標準時 (GMT) との時差
(時間と分の間にコロンは入りません)
例: +0200
Pグリニッジ標準時 (GMT) との時差
(時間と分をコロンで区切った形式、PHP 5.1.3 で追加)
例: +02:00
rRFC2822形式の日付例: Thu, 21 Dec 2000 16:01:07 +0200
s秒(2桁、先頭にゼロを付ける)00 から 59
S英語形式の序数を表すサフィックス(2文字)st, nd, rd または th
t指定した月の日数28 から 31
Tタイムゾーンの略称例: EST, MDT ...
Uタイムスタンプ(1970年1月1日0時0分0秒)からの秒数例:1196645482
w曜日(数値)0:日曜 から 6:土曜
W1年で何週目か(月曜日始まり)例:41
y年(2桁の数字)例: 99 または 20
Y年(4桁の数字)例: 1999 または 2020
z年間の通算日(数字、ゼロから開始)0 から 365
Zタイムゾーンのオフセット秒数-43200 から 50400

 

 これらの文字を組み合わせて書式を組立てます。よく使われる文字は「Y,m,d,H,i,s」で「Y,m,d」は年月日、「H,i,s」は時分秒です。

DATE関数 : 使用例

  • 日時をフォーマット変換する
    echo date("Y/m/d H:i:s"); →「2020/06/17 08:20:23」を出力
    echo date("Y/m/d H:i:s", time()); →「2020/06/17 08:20:23」を出力
  • 指定した日時をフォーマット変換する
    echo date("Y/m/d H:i:s", mktime(0, 0, 0, 8, 23, 2020));
    →「2020/08/23 00:00:00」を出力 

 

関連リンク

PHPトップページ
PHP入門 & 関数リファレンス
PHPの初心者からベテランまで活用できるページです。初めての方はもちろん、もう一度基礎から学びなおしたい方は、基礎知識のページを順に読んで理解しましょう。ベテランの方向けには、関数の書式・パラメーターを調べられる構成になっています。PHPプログラム作成時にご活用下さい。
タイトルとURLをコピーしました