【PHP】 strlen/mb_strlen関数(文字列の長さを取得する)の使い方

アイキャッチ画像strlenPHP
PHP
この記事は約3分で読めます。
Recommended Articles

【PHP】 strlen/mb_strlen関数(文字列の長さを取得する)の使い方

文字列関数違い
strlenバイト数を取得
mb_strlen文字数を取得

strlen関数の使い方(文字列の長さを取得する)

php3~ で使用できます。

strlen関数 : 書式
strken(文字列)

戻り値:文字列のサイズ(バイト数)
 strlen関数は文字列の長さを返します。返される値はバイト数です。

strlen関数の使用目的
 1.長さを調べて処理を分岐すること
 2.文字列を1文字ずつ処理するときの終了条件として使うこと

strlen関数 : 使用例
  • 文字列の長さを取得する
    echo strlen("ABC"); →「3」を出力
    echo strlen("あいう"); →「6」を出力
    echo strlen("ABCあいう"); →「9」を出力
  • 文字列が空文字か調べ処理を分岐する
    $str = "";
    if ( strlen($str) == 0) {
      echo "からっぽです。"; →「からっぽです。」を出力
    }
  • 文字列を1文字ずつ処理する
    $str = "";
    for ($i=0; $i< strlen($str); $i++) {
      echo substr($str, $i, 1).":";
    }
    実行結果→「1:2:3:」を出力

mb_strlen関数の使い方(マルチバイト文字列の長さを取得する)

php4.0.6~ で使用できます。

mb_strlen関数 : 書式
mb_strlen(文字列 [,文字コード])

戻り値:文字数
 mb_strlen関数はマルチバイト(2バイト文字)を考慮して文字列の長さを返します。取得する値は文字数で、半角文字も全角文字も1文字は1文字として扱います。「東京」では「2」、「123」では「3」を取得します。文字コードを省略すると、指定された文字列はmb_internal_encodingに指定された文字コードの文字列という前提で動作します。
mb_strlen関数 : 使用例
  • マルチバイト文字列の長さを取得する
    echo mb_strlen("名古屋"); →「2」を出力
    echo mb_strlen("777"); →「3」を出力
    echo mb_strlen("熱田区777"); →「6」を出力
    echo mb_strlen("愛知", "EUC-JP"); →文字コードを指定

関連リンク

PHPトップページ
PHP入門 & 関数リファレンス
PHPの初心者からベテランまで活用できるページです。初めての方はもちろん、もう一度基礎から学びなおしたい方は、基礎知識のページを順に読んで理解しましょう。ベテランの方向けには、関数の書式・パラメーターを調べられる構成になっています。PHPプログラム作成時にご活用下さい。
Recommended Articles
いちれべ.com
タイトルとURLをコピーしました