【PHP】 number_format関数 / abs関数の使い方

アイキャッチ画像PHP
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

【PHP】 number_format関数 / abs関数の使い方

【PHP】 number_format関数の使い方(数値を変換する)

php3.0.6~ で使用できます。

number_format関数 : 書式
書式:
 number_format(①[,②[,③[,④]]]
)

引数:
 ①変換元の数値
 ②小数点の桁数(既定値「0」)(省略化)
 ③小数点以下の区切り文字(既定値「.」)(省略化)
 ④3桁毎の区切り文字(既定値「,」)(省略化)

戻り値:
 数値を変換した結果

 number_format関数は、数値を変換した結果を取得する関数です。第2~第4引数には、それぞれ小数点以下の桁数、小数点以下の区切り文字、3桁毎の区切り文字を指定できます。戻り値は変換後の文字列なので、後続の処理に渡さずにecho文や、print文でそのまま出力する使われ方が多いです。

number_formatで取得した値を使って、算術計算するとエラーになるので注意が必要です

number_format関数 : 使用例
  • 数値をカンマ編集する
    $int = "1234567";
    echo number_format($int); →「1,234,567」を出力
  • 数値を整数に丸める
    $int = 1234567.89;
    echo number_format($int); →「1,234,568」を出力(戻り値は文字列であることに注意)
  • 小数点以下の表示桁数を指定する
    $int = 1234567.89;
    echo number_format($int, 1); →「1,234,567.9」を出力
  • 数値の区切り文字を指定する
    $int = 1234567.89;
    echo number_format($int, 1, " ", "."); →「1.234.567 9」を出力

【PHP】 money_format関数の使い方

php4.3.0~ で使用できます。

money_format関数は、数値を金額文字列に変換する関数です。
PHP7.4.0で非推奨になります。この関数に頼らないことを強く推奨します。

【PHP】 abs関数の使い方(数値の絶対値を求める)

php3~ で使用できます。

abs関数 : 書式
abs( 数値)

戻り値:絶対値

 abs関数は数値の絶対値を求める関数です。float(浮動小数点数)またはinteger(整数)で絶対値が返されます。数値の型がfloatであった場合、戻り値の型もfloatとなります。それ以外の場合は、戻り値の型はintegerとなります。
(floatは、integerの最大値より大きい値をとることがありえるからです)

図形を描くときに2つの座標からサイズを求めるとき等に使われます。

abs関数 : 使用例
  • 数値の絶対値を求める
    echo abs(-10); →「10」を出力
    echo abs(10)
    ; →「10」を出力
    echo abs(-1.5); →「1.5」を出力
    echo abs(0); →「0」を出力

関連リンク

PHPトップページ
PHP入門 & 関数リファレンス
PHPの初心者からベテランまで活用できるページです。初めての方はもちろん、もう一度基礎から学びなおしたい方は、基礎知識のページを順に読んで理解しましょう。ベテランの方向けには、関数の書式・パラメーターを調べられる構成になっています。PHPプログラム作成時にご活用下さい。
タイトルとURLをコピーしました