【PHP】指定したフォーマットに変換した日付を取得する関数

アイキャッチ画像PHP
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

【PHP】指定したフォーマットに変換した日付を取得する関数

【PHP】 DATE_FORMAT関数(変換した日付を取得する)

php5.1.0~ で使用できます。

DATE_FORMAT関数 : 書式
書式1:
 date_format (DateTimeオブジェクト, 書式文字列
)

書式2:
 DateTimeオブジェクト -> date_format (DateTimeオブジェクト)

戻り値:成功した場合は、書式化された文字列、失敗した場合はFALSE

 date_format関数は、DateTimeオブジェクトに書式を適用します。date関数と同じように、日付や時刻を出力したい場合に使うことができます。
 実行方法として、「Date_format($d, "Y/m/d H:i:s")」のように関数形式の方法と、「$d->format("Y/m/d")」のようにDateTimeクラスのformatメソッドを呼び出す方法があります。
DATE_FORMAT関数 : 使用例
  • 現在の日時を出力する 
    $d = date_create();
    echo date_format($d, "Y/m/d H:i:s"); →「2020/6/20 16:01:11」を出力
  • 指定した日付を出力する
    $d = new DateTime("-10 day");
    echo $d->format("Y/m/d"); →「2020/06/10」を出力

    <解説>
     指定した日が何曜日か調べています。返される日時情報の「weekday」や「wday」に曜日情報が返されます。

 

【PHP】 STRFTIME関数(変換した日付を取得する)

php3.0.6~ で使用できます。

STRFTIME関数 : 書式
strftime ( 書式 [,タイムスタンプ])

戻り値:書式化された日時

 strftime関数は、ロケール設定に基づき日時を書式化します。

文字説明戻り値の例
%a短縮された曜日名Sun から Sat
%A曜日名(フルスペル)Sunday から Saturday
%b短縮された月名Jan から Dec
%B月名(フルスペル)January から December
%c日付と時間例:Sat Jun 20 00:45:10 2020
%C世紀例:20
%d日付(2桁)01 から 31
%D月日年例:06/20/20
%e日付1 から 31
%h短縮さらた月名Jan から Dec
%H時間(24時間)00 から 23
%I時間(12時間)01 から 12
%j先頭にゼロを含む年間での日付(3桁)001 から 366
%m月(2桁)01 (1月) から 12 (12月)
%M分(2桁)00 から 59
%n改行文字 ("\n")
%p午前・午後を現す文字AM または PM
%r時間(12時間表記)21:34:17 なら 09:34:17 PM
%R時間(24時間表記)AM12:35の時00:35、PM4:44の時16:44
%S秒(2桁)00 から 59
%tタブ文字 ("\t")
%T時刻例:21:34:17
%u曜日(数値、月曜始まり)1 (月曜日) から 7 (日曜日)
%U年単位の週番号(日曜始まり)例:45
%VSO-8601:1988 規定の週番号01 から 53
%w曜日(数値、日曜始まり)0 (日曜日) から 6 (土曜日)
%W年単位の週番号(月曜始まり)例:45
%xロケールに基づいた時刻の表現03:59:16 または 15:59:16
%X現在のロケールにもとづく日付の表現例:2020年6月5日のとき 06/05/20
%y年(2桁)例:20
%Y年(4桁)例:2020
%Zタイムゾーンの略称例:EST
%%パーセント文字 ("%")
STRFTIME関数 : 使用例
  • 日時を書式化する
    echo strftime("%Y/%m/%d %H:%M:%S"); →「2020/6/20 16:01:11」を出力

 

関連リンク

PHPトップページ
PHP入門 & 関数リファレンス
PHPの初心者からベテランまで活用できるページです。初めての方はもちろん、もう一度基礎から学びなおしたい方は、基礎知識のページを順に読んで理解しましょう。ベテランの方向けには、関数の書式・パラメーターを調べられる構成になっています。PHPプログラム作成時にご活用下さい。
タイトルとURLをコピーしました