【SQL・ORACLE】 TO_DATE関数(日付型に変換する)の使い方

変換関数
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL・ORACLE】 TO_DATE関数(日付型に変換する)の使い方

TO_DATE関数は ORACLEに対応しています。

TO_DATE関数 : 書式

書式 
 TO_DATE(expression[, format])
引数 
 expression:変換する式
 format:書式
戻値 
 変換された値

TO_DATE関数 : 解説

TO_DATE関数は、数値型、文字列型のデータを日付型に変換する関数です。さらに日付をどのように表記するかという書式を指定することができます。指定できる書式は、以下の表の通りです。(TO_CHAR関数と同じの表になります)

引数「format」に指定できる書式
日付要素書式
YYまたはYYYY
四半期Q
MM
月(JAN、FEB、・・・)MON
月(1月、2月、・・・)MONTH
年始からの日数DDD
DD
WW
曜日D
曜日(月、火、水、木、・・・)DY
曜日(月曜日、火曜日、・・・)DAY
午前、午後AM , PM
HH
時(12時間表記)HH12
時(24時間表記)HH24
MI
SS

TO_DATE関数 : 使用例 (数値型から日付型に変換)

SQL文 ORACLE
SELECT 20200215 数値, TO_DATE(20200215) 日付 FROM DUAL;
実行結果
数値日付
202002152020-02-15

TO_DATE関数 : 使用例 (文字列型から日付型に変換)

SQL文 ORACLE
SELECT '20200215' 文字, TO_DATE('20200215') 日付FROM DUAL;
実行結果
文字日付
202002152020-02-15

関連リンク

関数一覧ページ
SQLリファレンス > 関数
ORACLE、MS-SQL Server、MS-Access、MySQLで使用する関数の一覧表です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL Server、MS-Access で使用可能か一目でわかるのが特徴のSEサポートサイトです。
タイトルとURLをコピーしました