【SQL】 LOG関数の使い方(対数を求める)

アイキャッチ画像算術関数
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL】 LOG関数の使い方(対数を求める)

LOG関数 ORACLE MS-SQL MS-Access  に対応しています。

LOG関数 : 書式

ORACLE
書式 LOG(base, number)
引数 number : 数値
   base : 底
戻値 対数
MS-SQL Server

 

書式 LOG(number)
引数 number : 数値
戻値 対数

LOG関数 : 解説 (ORACLE)

LOG関数は、対数を求める関数です。ORACLEとSQL-Serverでは実装が異なりますので、それぞれ解説します。

ORACLE

ORACLEでのLOG関数の引数は2つ以上になります。1つは底として用いる引数「base」、もう1つは、計算のもとになる数値「number」です。

LOG関数 : 使用例 (ORACLE)

「e(=2.718281828)」を底とする対数を求めるSQL文は、次のようになります。

SQL文
SELECT 数値, LOG(2.71281828, 数値) FROM log_db;

実行結果

数値LOG(2.71281828, 数値)
0.50.367879441
10.60653066
21
41.64872127

また「2」を底とする対数を求めるSQL文は次のようになります。

SQL文
SELECT 数値, LOG(2.0, 数値) FROM log_db;

実行結果

数値LOG(2.0, 数値)
0.5-1
10
21
42

LOG関数 : 解説 (MS-SQL Server)

SQL ServerでのLOG関数は、「e」を底とする自然対数を求めることができます。SQL Serverでは、Oracleと違い、底を指定することはできません。

LOG関数 : 使用例 (MS-SQL Server)

SQL文
SELECT 数値, LOG(数値) 自然対数 FROM log_db;

実行結果

数値自然対数
0.5-0.69314718055994529
10.0
20.69314718055994529
41.3862943611198906

関連リンク

タイトルとURLをコピーしました