【SQL】 UPDATE(データを更新する)の使い方

アイキャッチ画像SQLリファレンス
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL】 UPDATE(データを更新する)の使い方

UPDATE : 書式

UPDATE <表名> SET <列名1> = <値1> [, <列名2> = <値2> ...)] WHERE <検索条件>

UPDATE : 解説

 UPDATE文は、表内のデータを更新するときに使います。UPDATEキーワードの後ろに更新対象の表名を記述し、SETキーワードの後ろにデータを更新する列名と更新する値を指定します。指定は「,」(カンマ)で区切ることで、複数の列の値を更新することが可能です。また、WHERE句で検索条件を設定することにより、検索条件を満たす行の列の値だけを更新することができます。

UPDATE : 使用例1

SQL文
UPDATE 商品マスタ SET 商品単価=160, 販売元='ポッカ'
WHERE 商品名 = 'うまいコーヒー';
 上のSQL文では、「商品マスタ」表の「商品名」列が「うまいコーヒー」の行の商品単価を「160」に、販売元を「ポッカ」に更新しているSQL文になります。

UPDATE : 使用例2

 SETキーワードに指定する値は、演算でもかまいません。次のSQL文では、「商品マスタ」表の「商品単価」列のすべての値を1.1倍にしています。
SQL文
UPDATE 商品マスタ SET 商品単価 = 商品単価 * 1.1;

 UPDATE文を実行後、更新件数が表示されます。したがって実践においては、UPDATE文の実行前に、SELECT文で更新対象件数を確認しておくことが良いでしょう。

関連リンク

【SQLの基礎知識⑯】 データの操作(insert・update・delete)
この章では、INSERT文、UPDATE文、DELETE文の基礎を習得できます。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
次の章へ進む
【SQL】 DELETE(データを削除する)の使い方
DELETE文は、表からデータを削除するときに使います。DELETE文はWHERE句により指定した条件に合致した行を表から削除します。WHERE句で条件を指定しない場合には、表のすべてのデータを削除することになります。また、すべてのデータを削除するときは、TRUNCATE TBLE を使います。
SQLリファレンスTOPページ
SQLリファレンス
データの操作、演算子、関数を解説します。
タイトルとURLをコピーしました