【SQL Server】 UNICODE関数の使い方(ユニコード番号を取得する)

アイキャッチ画像文字列関数
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL Server】 UNICODE関数の使い方(ユニコード番号の取得)

UNICODE関数は  MS-SQL Server  に対応しています。

UNICODE関数 : 書式

書式 UNICODE (char);
引数 char : 文字列または文字
戻値
 ユニコード番号 : 「0」から「65535」

UNICODE関数 : 解説

UNICODE関数は、文字に対応するユニコード番号を返す関数です。文字列を引数として指定した場合には、先頭の文字のユニコード番号を取得します。

UNICODE関数 : 使用例

SQL文 SELECT 文字列, UNICODE(文字列) ユニコード番号 FROM unicode_db

実行結果

文字列

ユニコード番号
a97
149
12354
20124

このように文字がユニコード番号に変換されました。現状では、「0」~「65535」の数字が返ってきます。

ユニコード番号から、ユニコードに対応した文字への変換は、NCHAR関数を使います。

【SQL Server】 NCHAR関数の使い方(ユニコードを文字に変換)
NCHAR関数は、ユニコード標準の定義にしたがって、指定された整数コードをユニコード文字に変換して返す関数です。整数コードとして有効な数値は「0」~「65535」になります。この範囲外の数値を引数として与えるとNULLが返ってきます。
タイトルとURLをコピーしました