【SQL Server】 RADIANS関数の使い方(度からラジアンに変換する)

アイキャッチ画像算術関数
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL Server】 RADIANS関数の使い方(ラジアンへの変換)

RADIANS関数  MS-SQL Server  に対応しています。

RADIANS関数 : 書式

書式 RADIANS(number)
引数 number : 度数
戻値 ラジアンに変換した数値

RADIANS関数 : 解説

RADIANS関数は、度数で表現されている数値を、ラジアンによる角度に変換する関数です。度からラジアンへの変換は次の数式により行われます。

ラジアン = ( 度数 × π ) ÷ 180

RADIANS関数 : 使用例

SQL文
SELECT 度数, RADIANS(度数) ラジアン FROM radians_db;

実行結果

度数ラジアン
0.00.0
45.00.78539816339744828
90.01,5707963267948966
180.03.1415926535897931
270.04.7123889803846897
360.06.2831853071795862
540.09.4247779607693793

関連リンク

タイトルとURLをコピーしました