【SQL Server】 RAND関数の使い方(乱数を生成する)

アイキャッチ画像算術関数
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL Server】 RAND関数の使い方(乱数を生成する)

RAND関数 MS-SQL Server  に対応しています。

RAND関数 : 書式

書式 RAND([seed])
引数 seed : 乱数の種
戻値 実数値の乱数

RAND関数 : 解説

RAND関数は、「0~1」までの範囲で乱数を発生させる関数です。引数「seed」により、乱数の種を指定することができます。種を指定すると、指定した値に対して必ず一定の乱数を生成することができます。

RAND関数 : 使用例

SQL文
SELECT RAND() 乱数

実行結果

乱数
0.40591961786131342

もう一度、同じSQLを実行してみます。

SQL文
SELECT RAND() 乱数

実行結果

乱数
0.269643732245537

このように、引数「seed」を指定しないと、呼び出すたびに結果が変わります。

関連リンク

タイトルとURLをコピーしました