【SQL】 STDEVP関数の使い方(母集団標準偏差を求める)

アイキャッチ画像集計関数
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL】 STDEVP関数の使い方(母集団標準偏差を求める)

STDEVP関数 MS-SQL  MS-Accessに対応しています。

STDEVP関数 : 書式

書式 STDEVP(number)
引数 number:数値式
戻値 標準偏差

STDEVP関数 : 解説

STDEVP関数は、引数で与えられた数値すべてを母集団とした標準偏差(Standerd Deviation)を求める関数です。

STDEVP関数 : 使用例

SQL文 
SELECT STDEVP(得点) AS 母集団標準偏差
FROM 試験結果;
実行結果
母集団標準偏差
13.0
表:試験結果
名前クラス得点
山田太郎A92
佐藤隆A65
斎藤陽子B83
森太一B55
田中夏美C67
高橋徹C85
鈴木一郎D58
山本綾子D83

STDEVP関数 : 使用例(グループごとの母集団標準偏差を求める)

SQL文 
SELECT クラス, STDEVP(得点) AS 母集団標準偏差
FROM 試験結果
GROUP BY クラス
実行結果
クラス母集団標準偏差
A13.5
B14.0
C9.0
D12.5

関連リンク

関数一覧ページ
SQLリファレンス > 関数
ORACLE、MS-SQL Server、MS-Access、MySQLで使用する関数の一覧表です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL Server、MS-Access で使用可能か一目でわかるのが特徴のSEサポートサイトです。
タイトルとURLをコピーしました