【SQL Server】 STUFF関数の使い方(文字列を入れ替える)

アイキャッチ画像文字列関数
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL Server】 STUFF関数の使い方(文字列を反転させる)

STUFF関数は  MS-SQL Server  に対応しています。

STUFF関数 : 書式

書式 STUFF (strings1, sposition, length, strings2);
引数 
strings1 : 入れ替えられる文字列
   sposition : 入れ替えの開始位置
   length : 入れ替える文字数
   strings2 : 入れ替える文字列

戻値 変換された文字列

STUFF関数 : 解説

STUFF関数は、引数に「strings1」で指定する文字列の一部を、他の文字列に置き換える関数です。文字列「strings1」の「sposition」番目の文字から引数「length」で指定される文字数の部分を、引数「strings2」で指定する文字列で置き換えます。

STUFF関数の動作

sql-stuff関数の動作

STUFF関数での文字数の数え方では、ひらがな、カタカナ、漢字といった2バイト文字も1文字となります。

STUFF関数 : 使用例

SQL文 
SELECT 元文字列, 変換文字列,
 STUFF(元文字列, 3, 5, 変換文字列) 結果文字列
FROM STUFF_db


実行結果

元文字列

変換文字列

結果文字列
abcdefgxyzabxyz
あいうえおxyzあいxyz
あいうえおわをんあいわをん

この使用例では、「元文字列」列の3文字目から5文字分を、「変換文字列」列の値と置き換えています。そのため、文字列が短くなっているものもあります。

関連リンク

【SQL・ORACLE】 SUBSTR関数の使い方(文字列の切り出し)
SUBSTR関数は、文字列の一部の文字を取得する関数です。オラクルで使用します。対象文字列の指定した位置から、指定した文字数分を切り出します。文章ではわかりにくいため、図解及び具体的な使用例で解説しています。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
関数一覧ページ
SQLリファレンス > 関数
ORACLE、MS-SQL Server、MS-Access、MySQLで使用する関数の一覧表です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL Server、MS-Access で使用可能か一目でわかるのが特徴のSEサポートサイトです。
タイトルとURLをコピーしました