【SQL・ORACLE】 LN関数の使い方(自然対数を求める)

アイキャッチ画像算術関数
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL・ORACLE】 LN関数の使い方(自然対数を求める)

LN関数 ORACLE に対応しています。

LN関数 : 書式

書式 LN(number)
引数 number : 数値型
戻値 自然対数

LN関数 : 解説

LN関数は、「e」を底とした対数である自然対数を求める関数です。ORACLEではこの他に、LOG関数で底に「e(=2.718281828)」を指定することで、自然対数を求めることもできます。

LN関数 : 使用例

SQL文
SELECT 数値, LN(数値) 自然対数 FROM log_db;

実行結果

数値自然対数
0.5-0.69314718
10
20.693147181
41.38629436
102.30258509

なお、MS-SQL Serverでは、LOG関数で同様の処理が行えます。

【SQL】 LOG関数の使い方(対数を求める)
LOG関数は、対数を求める関数です。ORACLEとSQL-Serverでは実装が異なりますので、それぞれ解説します。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。

関連リンク

タイトルとURLをコピーしました