【SQL】 AVG関数の使い方(平均値を求める)

AVG関数_アイキャッチ画像集計関数
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL】 AVG関数の使い方(平均値を求める)

AVG関数は、以下で使用できます。
 ORACLE  MS-SQL  MS-Access MySQL 

AVG関数 : 書式

書式 AVG ( [ DISTINCT | ALL ] number )
引数 number: 数値式
戻値 グループの平均値

AVG関数 : 解説

AVG関数は、グループの数値の平均を求める関数です。引数で指定された数値の列の平均を計算して返します。キーワードとしてALLとDISTINCTを指定することができます。DISTINCTを指定すると、指定された数値の列の中で同じ値がある場合には、最初の1つだけを計算対象とします。なお、キーワードは省略できます。その場合、デフォルトでALLとなります。

AVG関数 : 使用例

SQL文 SELECT AVG(得点) FROM 試験結果;
実行結果 
AVG(得点)
73.5
表:試験結果
名前クラス得点
山田太郎A92
金子優一A65
斉藤洋子B83
森藤太一B55
田中奈津美C67
高橋由伸C85
鈴木一郎D58
山本綾子D83

AVG関数 : 使用例 (DISTINCT)

DISTINCTを指定して、重複する値を除外して平均の値を求めます。

SQL文 SELECT AVG(DISTINCT 得点) FROM 試験結果;
実行結果 
AVG(DISTINCT 得点)
72.1428571
MSーAccessでは、DISTINCTは使うことができません。

AVG関数 : 使用例 (GROUP BY)

各グループの平均を求めます。

タイトルとURLをコピーしました