【SQL・ORACLE】 MOD関数の使い方(剰余の余りを求める)

算術関数
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL・ORACLE】 MOD関数の使い方(剰余の余りを求める)

MOD関数ORACLE で使用できます。

MOD関数 : 書式

書式 MOD ( number1 , number2 )
引数 number1 : 割られる数値
   number2 : 割る数値
戻値 number1÷number2 の剰余

MOD関数 : 解説

MOD関数は、剰余を求める関数です。剰余とは割り算の余りのことです。

MOD関数 : 使用例

SQL文
SELECT 割られる数値, 割る数値, MOD(割られる数値, 割る数値) 余り
FROM テーブル;


実行結果
割られる数値割る数値余り
1031
420

MS-SQL Server には同じ処理ができる関数はありません。そのため、%演算子を使って、同様の処理を行うようにします。

【SQL Server】 %演算子の使い方(剰余を求める)
%演算子は、割り算の剰余を求める演算子です。左辺の値を右辺の値で割り算したときの余りが剰余となります。%演算子は、データ型が数値同士のときに利用可能です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。

関連リンク

関数一覧ページ
SQLリファレンス > 関数
ORACLE、MS-SQL Server、MS-Access、MySQLで使用する関数の一覧表です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL Server、MS-Access で使用可能か一目でわかるのが特徴のSEサポートサイトです。

タイトルとURLをコピーしました