【SQL】 LIKE演算子の使い方(パターンマッチングを行う)

演算子
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL】 LIKE演算子の使い方(パターンマッチングを行う)

LIKE演算子は、以下で使用できます。
ORACLE  MS-SQL  MS-Access

LIKE演算子 : 書式

<式> LIKE <検索条件>

LIKE演算子 : 解説

LIKE演算子は、パターンマッチングを行うことができます。LIKE演算子では検索条件にメタ文字と呼ばれるもので、さまざまな指定方法を使って検索を行います。メタ文字には次のようなものがあります。
メタ文字
メタ文字ORACLEMS-SQLMSAccess
任意の文字列%%*
任意の1文字__?

このメタ文字を組合せたパターンで、LIKE演算子の前に指定された文字列に対して検索を行っていきます。パターンマッチをした結果、パターンを検出すると真を返します。パターンについては、こちらを参照してください。

【SQLの基礎知識⑧】 文字列検索(ワイルドカードの使い方)
SQLにおける文字列検索のやり方を習得できます。ワイルドカードとLIKEキーワードの具体的・実践的な使用方法を解説したうえで、SQL文に対する実行結果を確認することで、理解を深めます。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。

LIKE演算子 : 使用例 ①

まずは、任意の文字列にマッチする「%」を用いて、商品名の最後に「うさぎ」という文字列が存在するものを検索します。このとき「うさぎ」の前の文字が何文字であっても、全てにマッチします。

SQL文 SELECT * FROM 商品一覧 WHERE 商品名 LIKE '%うさぎ';

実行結果

商品コード商品名 カテゴリ単価
USA-0012眠いうさぎぬいぐるみ9800
USA-1011だれうさぎきぐるみ5000
表:商品一覧
商品コード商品名カテゴリ単価
USA-0012眠いうさぎぬいぐるみ9800
USA-1011だれうさぎきぐるみ5000
EDU-0012うさぎ算知能玩具1800
GAM-0004子うさぎクエストゲーム6800
OOK-1001舌の出た狼きぐるみ5200

LIKE演算子 : 使用例 ②

次に、1文字にマッチする「_」を用いて「カテゴリ」列の中で「ぐるみ」で終わるもの検索します。このとき「ぐるみ」の前は「_」なので、1文字しかマッチしません

SQL文 SELECT * FROM 商品一覧 WHERE カテゴリ LIKE '_ぐるみ';

実行結果

商品コード商品名 カテゴリ単価
USA-1011だれうさぎきぐるみ5000
OOK-1001舌の出た狼きぐるみ5200

LIKE演算子 : 使用例 ③

最後は、「%」、「_」を組合せたパターンです。うまく組合せることにより、さまざまなパターンを作り上げることができます。

SQL文 SELECT * FROM 商品一覧 WHERE 所品コード LIKE 'U%-_012';
タイトルとURLをコピーしました