【SQL】 IS NULL演算子の使い方(NULLかどうか調べる)

演算子
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL】 IS NULL演算子の使い方(NULLかどうか調べる)

IS NULL演算子は、以下で使用できます。
ORACLE  MS-SQL  MS-Access

IS NULL演算子 : 書式

<式> IS [NOT] NULL

IS NULL演算子 : 解説

IS NULL演算子は、式の値がNULLかどうかを確認する演算子です。NULLはデータベース上では、空を示す値です。比較演算子の=演算子や<>演算子などでは、NULLの比較を行うことができないため、値にNULLが入っているかどうかを確認することができません。NULLかどうかを確認するには、IS NULL演算子を使うしかないのです。IS NULL演算子は左辺の値がNULLの場合には真を返します。

IS NULL演算子 : 使用例

「販売個数」列に数字が入っていないところは、NULLになっています。まずは、IS NULL演算子を使ってみます。

SQL文 SELECT * FROM 販売リスト WHERE 販売個数 IS NULL;

実行結果

商品販売個数
時の卵
滑稽な石
洗えない洗剤
進む時計
表:販売リスト
商品名販売個数
時の卵
滑稽な石
角の固い豆腐5
くまの着ぐるみ2
座れない椅子3
洗えない洗剤
進む時計

「販売個数」列にNULLが指定されている4行が帰ってきます。

NULLでないものを確認したい場合には、NOT演算子を組み合わせて「IS NOT NULL」と記述することにより、NULLでない場合に真を返すようにすることもできます。

IS NOT NULL演算子 : 使用例

以下のように記述すると、NULLが指定されていない行が帰ってきます。

SQL文 SELECT * FROM 販売リスト WHERE 販売個数 IS NOT NULL;
タイトルとURLをコピーしました