【SQL】 SIGN関数の使い方(符号を求める)

算術関数
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL】 SIGN関数の使い方(符号を求める)

SIGN関数は  ORACLE MS-SQL  に対応しています。

SIGN関数 : 書式

書式 SIGN(number)
引数 number:数値
戻値 -1、0、1

SIGN関数 : 解説

SIGN関数は、引数で指定された数値の符号を求める関数です。引数で指定された数値が正ならば「1」、負ならば「-1」、0ならば「0」が返されます。

SIGN関数 : 使用例

SQL文 SELECT 数値, SIGN(数値) FROM sign_db;
実行結果
数値SIGN(数値)
12341
-1234-1
00

関連リンク

【SQL】 ABS関数の使い方(絶対値を求める)
ABS関数は、引数に指定した「number」の絶対値(Absolute)を求める関数です。絶対値とは、正、負の符号を取り去った数値の部分になります。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
関数一覧ページ
SQLリファレンス > 関数
ORACLE、MS-SQL Server、MS-Access、MySQLで使用する関数の一覧表です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL Server、MS-Access で使用可能か一目でわかるのが特徴のSEサポートサイトです。
タイトルとURLをコピーしました