【SQL】 SPACE関数の使い方(スペースの文字列を作成する)

アイキャッチ画像文字列関数
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL】 SPACE関数の使い方(スペースの文字列を作成する)

SPACE関数は  MS-SQL Server   MS-Accessに対応しています。

SPACE関数 : 書式

書式 SPACE (number);
引数 number : スペース文字列の長さ
戻値 スペース文字列

SPACE関数 : 解説

SPACE関数は、半角スペースの文字列を生成して返す関数です。引数で指定された数値の文字列の数(長さ)だけ半角スペースの文字列を生成します。

SPACE関数 : 使用例

SQL文 SELECT 長さ, '|' + SAPACE(長さ) + '|' SPACE FROM space_db

実行結果

長さ

SPACE
2|  |
6|      |
ここでは、「」の間に挟み込むスペースの長さを指定しています。

なお、任意の文字や文字列を作るときは、REPLICATE関数を使います。

【SQL Server】 REPLICATE関数の使い方(文字列を繰り返す)
REPLICATE関数は、第1引数に指定された文字列を、第2引数として指定された回数だけ繰り返す関数です。繰り返しの回数を定義する第2引数は「0」を含む、正の整数を指定できます。ただし、「0」を指定すると文字列は返されません。また、負の数を指定するとNullが返ってきます。
タイトルとURLをコピーしました