【SQL Server】 COT関数の使い方(コタンジェントを求める)

アイキャッチ画像算術関数
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL Server】 COT関数の使い方(コタンジェントを求める)

COT関数  MS-SQL Server  に対応しています。

COT関数 : 書式

書式 COT(number)
引数 number : 実数型の数値
戻値 引数に対するコタンジェント

COT関数 : 解説

COT関数は、引数で指定した数値に対するコタンジェント(余接:Cotangent)を求める関数です。引数としては、ラジアン単位の実数型の数値を与えることができます。また、返される値も、実数型の数値です。

COT関数 : 使用例

SQL文
SELECT 数値, COT(数値) コタンジェント FROM cot_db;

実行結果

数値コタンジェント
-2.00.45765755436028577
-1.0-0.64209261593433076
-0.5-1.830487721712452
0.51.830487721712452
1.00.64209261593433076
2-0.45765755436028577

関連リンク

タイトルとURLをコピーしました