【SQL】 LEFT関数の使い方(文字列の先頭から指定文字数分の文字を返す)

文字列関数
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL】 LEFT関数の使い方(文字列の先頭から指定文字数分の文字を返す)

LEFT関数は、以下で使用できます。
MS-SQL  MS-Access MySQL 

LEFT関数 : 書式

書式 LEFT(strings, number)
引数  strings : 抽出対象の文字列
    number : 取得する文字数(正の整数)
戻値 取得した文字列

LEFT関数 : 解説

LEFT関数は、文字列の左端から指定した数だけ、文字列を取得する関数です。引数「number」で取得する文字列の長さよりも大きい値を指定した場合には、取得する文字列全体が返されます。また、ひらがなやカタカナ、漢字といった2バイト文字も1文字として数えられます

LEFT関数 : 使用例

SQL文 
SELECT 対象文字列, 文字数, LEFT(対象文字列, 文字数) 取得した文字列
FROM left_db;
実行結果
対象文字列文字数取得した文字列
abcdefg4abcd
abc4abc
あいうえお4あいうえ
日本語2日本
逆に、文字列の末尾から取得する場合は、RIGHT関数を使います。
【SQL】 RIGHT関数の使い方(末尾から指定文字数分の文字を取得する)
RIGHT関数は、文字列の右端から指定した数だけ、文字列を取得する関数です。引数で取得する文字列の長さよりも大きい値を指定した場合には、取得する文字列全体が返されます。また、ひらがなやカタカナ、漢字といった2バイト文字も1文字として数えられます。
タイトルとURLをコピーしました