【SQL・ORACLE】 MONTH_BETWEEN関数の使い方(2つの日付の差を取得)

アイキャッチ画像日付関数
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

【SQL・ORACLE】 MONTH_BETWEENの使い方(2つの日付の差を取得)

MONTH_BETWEEN関数は、 ORACLE  で使用できます。

MONTH_BETWEEN関数 : 書式

書式 MONTH_BETWEEN( startdate, enddate )
引数 startdate:始まりの日付式
   enddate:終点の日付式
戻値 月の差分の数値

MONTH_BETWEEN関数 : 解説

MONTH_BETWEEN関数は、2つの日付の差分を求める関数です。戻ってくる値は、引数で指定した日付「startdate」と「enddate」の差が1ヵ月以上ある場合には、月の差分が整数で返ってきます。startdateとenddateの差が1ヵ月未満の場合には、月の差分が小数を含んだ数値として返ってきます。このときは、差分の日数を月の全体の日数で割ったものになります。結果は日付型ではないので注意が必要です。

MONTH_BETWEEN関数 : 使用例

SQL文
SELECT 開始日付, 終了日付, MONTH_between(開始日付, 終了日付) 差
FROM month_between_table;

実行結果

開始日付終了日付
20-07-0121-07-01-12
21-07-0119-07-0124
21-07-1021-07-010.290322581

関連リンク

関数一覧
SQLリファレンス > 関数
ORACLE、MS-SQL Server、MS-Access、MySQLで使用する関数の一覧表です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL Server、MS-Access で使用可能か一目でわかるのが特徴のSEサポートサイトです。
タイトルとURLをコピーしました