【PHP・文字列関数】文字コードの取得・設定

アイキャッチ画像PHP
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

【PHP・文字列関数】文字コードの取得・設定

mb_internal_encoding関数の使い方(内部文字コードの取得・設定)

php4.0.6~ で使用できます。

mb_internal_encoding関数 : 書式
mb_internal_encoding([内部文字コード])

戻り値:文字コードを指定した場合は、TRUEまたはFALSE
    文字コードを省略した場合は、現在の内部文字コード
 mb_internal_encoding関数は内部文字コードを取得・設定します。
mb_internal_encoding関数 : 使用例
  • 内部文字コードを取得・設定する
    echo mb_internal_encoding(); →現在の設定を出力
    mb_internal_encoding("UTF-8"); →UTF-8に設定
    mb_internal_encoding("EUC-JP"); →EUC-JPに設定
    mb_internal_encoding("SJIS"); →SJISに設定

mb_http_input関数の使い方(HTTP入力文字コードの設定・取得)

php4.0.6~ で使用できます。

mb_http_input関数 : 書式
mb_http_input( [引数])

引数:HTTP入力の型を表す文字列
 G : GET
 P : POST
 C : COOKIE
 S : 文字列
 L : リスト
 I : リスト全体(array を返す)

戻り値:HTTP入力文字コード、引数省略時、直近に処理された入力型

 mb_http_input関数は、HTTP入力文字コードを取得します。
mb_http_input関数 : 使用例
  • HTTP文字コードを取得する
    echo mb_http_input(); →HTTP入力文字コードの設定

mb_http_output関数の使い方(HTTP出力文字コードの設定・取得)

php4.0.6~ で使用できます。

mb_http_output関数 : 書式
mb_http_output([HTTP出力文字コード])

戻り値:成功した場合TRUE、失敗した場合FALSE
    引数が省略された場合、カレントのHTTP出力文字コード
 mb_http_output関数は、内部文字コードから、HTTP出力文字コードに変換されます。変換が成功した場合TRUE、失敗した場合FALSEが返されます。引数を省略した場合、現在のHTTP出力文字コードが返されます。
mb_http_output関数 : 使用例
  • HTTP出力文字コードを取得する
    echo mb_http_output(); →HTTP出力文字コードの設定(例:SJIS)を出力

関連リンク

PHPトップページ
PHP入門 & 関数リファレンス
PHPの初心者からベテランまで活用できるページです。初めての方はもちろん、もう一度基礎から学びなおしたい方は、基礎知識のページを順に読んで理解しましょう。ベテランの方向けには、関数の書式・パラメーターを調べられる構成になっています。PHPプログラム作成時にご活用下さい。
タイトルとURLをコピーしました