SQLリファレンス

SQLリファレンスSQLリファレンス

SQLリファレンス

SQLリファレンス : データの操作

【SQL】 SELECT文の使い方(表からデータを取得する)
SELECT文は、データの問合せに使うものです。そのためSQL文の中では、最もよく使うコマンドになります。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるページです。
【SQL】 FROM句の使い方(対象となる表を指定する)
SELECT文で表からデータを取得するときに、データを取り出す対象となる表明をFROMキーワードの後ろに記述したのがFROM句です。複数の表を指定するときには、表名を「,」(カンマ)で区切って指定していきます。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるページです。
【SQL】 WHERE句の使い方(条件を指定する)
データに対して操作を行う際に、表中のすべてのデータではなく、条件に合致したものだけを操作したい場合があります。このようなときに使うのがWHERE句です。WHEREキーワード後ろには、検索条件を指定します。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるページです。
【SQL】 GROUP BY句の使い方(グループ化する)
GROUP BY句は、GROUP BYキーワードの後ろに指定した列の値により表内のデータをいくつかのグループに分けます。グループは、指定した列の値が同じものを1つのグループとします。分割されたグループそれぞれに対して集計を行うことができます。また、ROLLUPを使うことで、集計行を追加できます。
【SQL】 HAVINGの使い方(グループ化されたものに条件を設定する)
GROUP BY句でグループ化した表のデータに対して、さらに検索条件を設定できるのがHAVING句です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるページです。
【SQL】 ORDER BY句の使い方(結果の並び順を指定する)
ORDER BY句は、指定した列の値により、問合せ結果を並び替えるものです。並べ替えのことをソート(SORT)と呼びます。問合せにおいて、一定の並べ方のデータが必要な場合には、ORDER BY句で結果の並べ方を指定します。
【SQL】 INSERT(データを挿入する)の使い方
表にデータを挿入するのが、INSERT文です。列と値を指定して挿入するときには、列と値の個数、対応する列と値のデータ型が一致している必要があります。列に空の値をいれたいときには「NULL」と記述します。INSERT文の2つの書式について、活用時の注意事項とともに詳しく解説しています。
【SQL】 UPDATE(データを更新する)の使い方
UPDATE文は、表内のデータを更新するときに使います。UPDATEキーワードの後ろに更新対象の表名を記述し、SETキーワードの後ろにデータを更新する列名と更新する値を指定します。指定は「,」(カンマ)で区切ることで、複数の列の値を更新することが可能です。
【SQL】 DELETE(データを削除する)の使い方
DELETE文は、表からデータを削除するときに使います。DELETE文はWHERE句により指定した条件に合致した行を表から削除します。WHERE句で条件を指定しない場合には、表のすべてのデータを削除することになります。また、すべてのデータを削除するときは、TRUNCATE TBLE を使います。

SQL リファレンス: 演算子

SQLリファレンス > 演算子
演算子によって列に対する様々な演算が行えます。このページは、使用できる演算子の一覧表です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL Server、MS-Access で使用可能か一目でわかるのが特徴のSEサポートサイトです。

SQL リファレンス: 関数

SQLリファレンス > 関数
ORACLE、MS-SQL Server、MS-Access、MySQLで使用する関数の一覧表です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL Server、MS-Access で使用可能か一目でわかるのが特徴のSEサポートサイトです。
算術関数

【SQL Server】 COT関数の使い方(コタンジェントを求める)

COT関数は、引数で指定した数値に対するコタンジェント(余接:Cotangent)を求める関数です。引数としては、ラジアン単位の実数型の数値を与えることができます。また、返される値も、実数型の数値です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
算術関数

【SQL】 ATAN関数の使い方(アークタンジェントを求める)

ATAN関数は、引数に指定した数値に対するアークタンジェント(逆正接:Arc Tangent)を求める関数です。引数には、実数型の数値を与えることができます。また返される値は、「-π/2~π/2」までの実数型の数値がラジアンで返されます。
算術関数

【SQL】 TAN関数の使い方(タンジェントを求める)

TAN関数は、引数で指定した数値に対するタンジェント(正接:Tangent)を求める関数です。引数としては、ラジアン単位の実数型の数値を指定することができます。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
算術関数

【SQL】 ACOS関数の使い方(アークコサインを求める)

ACOS関数は、引数に指定した数値に対するアークコサイン(逆余弦:Arc Cosine)を求める関数です。引数には、実数型の数値(-1.0~1.0)を与えることができます。また返される値は、「0~π」までの実数型の数値がラジアンで返されます。
算術関数

【SQL】 COS関数の使い方(コサインを求める)

COS関数は、引数で指定した数値に対するコサイン(余弦:Cosine)を求める関数です。引数としては、ラジアン単位の実数型の数値を指定することができます。また返される値も、実数型の数値です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
算術関数

【SQL】 ASIN関数の使い方(アークサインを求める)

ASIN関数は、引数で指定した数値に対するアークサイン(逆正弦:Arc Sine)を求める関数です。引数には、実数型の数値(-1.0~1.0)を与えることができます。また返される値は、「-π/2~π/2」までの実数型の数値がラジアンで返されます。
算術関数

【SQL】 SIN関数の使い方(サインを求める)

SIN関数は、引数で指定した数値に対するサイン(正弦:Sine)を求める関数です。引数としては、ラジアン単位の実数型の数値を指定することができます。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
算術関数

【SQL Server】 DEGREES関数の使い方(ラジアンから度に変換する)

【 度数=(ラジアン×180)÷π 】DEGREES関数は、ラジアンで表現されている数値を、度数に変換する関数です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
算術関数

【SQL Server】 RADIANS関数の使い方(度からラジアンに変換する)

【 ラジアン=(度数×π)÷180 】RADIANS関数は、度数で表現されている数値を、ラジアンによる角度に変換する関数です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
算術関数

【SQL】 SQRT関数の使い方(平方根を求める)

SQRT関数は、引数に対する平方根を求める関数です。引数に負の数を指定するとエラーになります。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
スポンサーリンク
↓ Twitterフォロー ↓ YouTubeチャンネル登録、よろしくお願いします!
タイトルとURLをコピーしました