文字列関数

PHP

【PHP】 mb_convert_kana関数の使い方(全角と半角を変換)

mb_convert_kana関数は、カナや英数字の全角と半角を変換します。この関数は、日本語のみで使用可能です。ひらがな、カタカナ、英数字、スペースを対象に、全角を半角に、半角を全角にすることができます。この設定は第2引数で指定し、ひとつの文字種、またはいくつかの種類を組み合わせて指定できます。
PHP

【PHP・文字列関数】改行タグの挿入とタグを除去する関数の使い方

改行文字の前にHTMLの改行タグを挿入するのが、nl2br関数です。入力フォーム等のテキストエリアに入力した改行が正しく見えるようにするためなどに使われます。strip_tags関数は、文字列からHTMLタグやPHPタグを取り除きます。セキュリティ対策で文字列を加工する目的などで使われます。
PHP

【PHP】文字列の出現回数を取得する関数の使い方

substr_count関数/mb_substr_count関数は、文字列の出現回数を取得する関数です。活用事例としては、CSVやログデータの形式チェックがあります。決められた区切り文字でデータを読み込んで、各カラム分の区切り文字が正しい数があるかを調べることで、データの形式をチェックできます。
PHP

【PHP・文字列関数】 md5/crypt関数の使い方(ハッシュを作成する)

md5関数/crypt関数は、ハッシュ値を作成する関数です。md5(Messae Digest 5)アルゴリズムによるハッシュ値作成と、DES(Data Encryption Standard)アルゴリズムによるハッシュ値作成の違いがあります。共に、複合できない不可逆関数で、パスワードの暗号化で使われることが多いです。
PHP

【PHP・文字列関数】文字コードの取得・設定

mb_internal_encoding関数(内部文字コードを取得・設定する)/mb_http_output関数(HTTP出力文字コードの設定・取得)/mb_http_input関数(HTTP入力文字コードの設定・取得)についての説明です。
PHP

【PHP】 strlen/mb_strlen関数(文字列の長さを取得する)の使い方

strlen関数は文字列の長さを返します。返される値はバイト数です。文字数を取得したいときは、mb_strlen関数を使用します。この2つの文字列関数を使用例と共に、わかりやすく解説しています。
PHP

【PHP】 strcmp/strncmp/strcasecmp関数(文字列を比較する)の使い方

strcmp関数は、引数で指定した2つの文字列を比較した結果を取得します。文字列1が文字列2より小さい場合は負の数、大きい場合は正の数、等しい場合は0を取得します。大文字と小文字を区別しないで比較する時は、strcasecmp関数を使用します。指定した長さの文字列を比較する時は、strncmp関数を使います。
PHP

【PHP】 substr関数/mb_substr関数の使い方(文字列の一部を取得する)

substr関数は文字列の一部を取得します。「substr(x, 0, n)」といった記述の「文字列xの先頭からn文字を取り出す」という使われ方が多くされています。マルチバイト文字列の一部を取得するmb_substr関数についても使用例を使いながら解りやすく解説しています。
PHP

【PHP・文字列関数】 htmlentitiles/htmlspecialchars関数の使い方

htmlentitiles関数/htmlspecialchars関数は、HTMLエンティティに変換する関数です。htmlentitiles関数の逆の処理を行う場合は、html_entity_decode関数を使用します。
PHP

【PHP・文字列関数】文字列を置き換える関数の使い方

str_replace関数/strtr関数/substr_replace関数は、すべて文字列を置き換える関数です。それぞれの置き換え関数の違いについて、使用例を用いながら解説します。
Recommended Articles
タイトルとURLをコピーしました