コタンジェント

算術関数

【SQL Server】 COT関数の使い方(コタンジェントを求める)

COT関数は、引数で指定した数値に対するコタンジェント(余接:Cotangent)を求める関数です。引数としては、ラジアン単位の実数型の数値を与えることができます。また、返される値も、実数型の数値です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
Recommended Articles
タイトルとURLをコピーしました