right

文字列関数

【SQL】 RIGHT関数の使い方(末尾から指定文字数分の文字を取得する)

RIGHT関数は、文字列の右端から指定した数だけ、文字列を取得する関数です。引数で取得する文字列の長さよりも大きい値を指定した場合には、取得する文字列全体が返されます。また、ひらがなやカタカナ、漢字といった2バイト文字も1文字として数えられます。
Recommended Articles
タイトルとURLをコピーしました