ISNULL

変換関数

【SQL】 ISNULL関数の使い方(NULL値を変換する)

ISNULL関数は、データ内に入っているNULLを他の値に変換する関数です。NULLが入っていると処理に問題があるときに、他の値に置き換える時などに使います。MS-SQL Server・MS-Accessで使用できます。ISNULL関数は、Oracle では扱えません。
Recommended Articles
タイトルとURLをコピーしました