【SQL】 文字列関数

文字列関数

【SQL Server】 SUBSTRING関数の使い方(文字列を切り出す)

SUBSTRING関数は、文字列の一部の文字を取得する関数です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
文字列関数

【SQL・ORACLE】 SUBSTR関数の使い方(文字列の切り出し)

SUBSTR関数は、文字列の一部の文字を取得する関数です。オラクルで使用します。対象文字列の指定した位置から、指定した文字数分を切り出します。文章ではわかりにくいため、図解及び具体的な使用例で解説しています。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
文字列関数

【SQL】 TRIM関数の使い方(指定する文字を削除する)

TRIM関数は、指定した文字を文字列の右側、左側、または両側から削除する関数です。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
文字列関数

【SQL】 RTRIM関数の使い方(右側の空白を削除する)

RTRIM関数は、文字列の右側の空白文字を削除する関数です。空白文字が連続していればすべてが削除されます。文字列の途中などに入っている空白文字や文字列の左側にある空白は削除されません。また、削除されるのは半角スペースだけで、全角スペースは削除されません。
文字列関数

【SQL】 LTRIM関数の使い方(左側の空白を削除する)

LTRIM関数は、文字列の左側の空白文字を削除する関数です。空白文字が連続していればすべてが削除されます。文字列の途中などに入っている空白文字や文字列の右側にある空白は削除されません。また、削除されるのは半角スペースだけで、全角スペースは削除されません。
文字列関数

【SQL・ORACLE】 RPAD関数の使い方(右側に文字列を挿入する)

RPAD関数は、第1引数で与えられた文字列に、第2引数の長さになるまで第3引数で指定した文字列を右側から挿入します。第2引数はバイト数で指定されるため、2バイト文字と1バイト文字が混在している文字列の場合には注意が必要です。
文字列関数

【SQL・ORACLE】 LPAD関数の使い方(左側に文字列を挿入する)

LPAD関数は、第1引数で与えられた文字列に、第2引数の長さになるまで第3引数で指定した文字列を挿入します。第2引数はバイト数で指定されるため、2バイト文字と1バイト文字が混在している文字列の場合には注意が必要です。
文字列関数

【SQL】 UPPER関数の使い方(大文字に変換する)

UPPER関数は、引数で指定された文字列の中のアルファベットを、小文字から大文字に変換して返します。全角アルファベットも大文字に変換されます。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
文字列関数

【SQL】 LOWER関数の使い方(小文字に変換する)

LOWER関数は、引数として指定された文字列の中のアルファベットを、大文字から小文字に変換して返します。2バイト文字になる、全角アルファベットも小文字に変換されます。いちれべ.comは、オラクル、MS-SQL、MS-Access で使用可能か一目でわかるサイトです。
文字列関数

【SQL・ORACLE】 LENGTHB関数の使い方(文字列のバイト数を取得する)

LENGTHB関数は、引数で与えられた文字列のバイト数を返す関数です。ひらがなやカタカナ、漢字といった2バイト文字は当然2バイトとしてカウントします。LENGTHB関数では、引数に固定長文字列型の列を指定したときには、固定長のバイト数を返すことになります。
Recommended Articles
タイトルとURLをコピーしました